沿革

1958年4月、それまで文系の大学と言われていた関西大学に初めて工学部が生まれました。
その設立当初から機械工学科は存在し、5年後には機械工学第二学科(後の機械システム工学科)も併設、大きな学科に成長しました。そして機友会も先生方の強力なバックアップをいただき学科と共に成長を続けて参りました。しかしその後、1970年前後には学生運動の機運の中で活動が停滞することになりました。

社会情勢に起因するとはいえ、折角できた機友会をこのままにしておく訳にはいきません。1990年代に入って当時の役員の提案により、成績優秀な学部卒業生に機友会賞を授与することが大学側から認められ、第一回機友会賞が副賞と共に授与され好評を博しました。その後も機友会賞は続けられ、1998年には卒業記念パーティも機友会の主催で開催できるようになりました。

2001年、これを受けて、3月19日の卒業式にて卒業生を盛大に送り出しました。特に機友会賞については機械系工学科の卒業生中ただ一人であったのを、1999年からは各研究室からひとりの推薦者、すなわち機械系工学科8研究室から合計8人の人に授与することになりました。話は戻りますが、1998年8月には18年ぶりの総会も開かれ、会則改正、役員改選、組織改編などが進められ、新たな第一歩を踏み出しています。機友会創立40周年を経て、機友会の会員構成も複雑化し、学内での立場も複雑化しています。今機友会は大きな曲がり角に立っているように思われます。みなさんの積極的なご支援をお願いいたします。


戻る
Copyright (c)1999-2007 KIYU All rights reserved.