機友会とは?

                     

機友会 会長 本田 哲也


 機械系卒業生の皆様、および機械系諸先生方には日頃は機友会に対して多大なるご支援ご協力を賜わり誠に有難うございます。

 機友会とは、関西大学工学部が創設された昭和33年(1958年)の秋、第1期入学の110名が青春の血潮に燃えて設立した機械系の集まりです。本年で設立43周年を迎え、会員8000名を超える大所帯となっており、関西大学校友会組織にも登録されています(昭和58.4)。

 機械系卒業生の皆様は、技術者、研究者、企業経営者として、その他広く各界の中枢にあってパイオニア精神を発揮し活躍されています。21世紀初頭は改革変革の時代と言われています。このような時こそ原点に立ち返り未来に前進すべきではないかと考えます。その原点のひとつが青春時代を共に過ごした校友の交わりではないでしょうか。機友は喜びも悲しみも共に分かち合え、また試練に遭った時、重要な判断をする時に心から信頼して意見を聞ける友です。今後、最新の研究・技術或いは社会情勢など幅広く、且つタイムリーに情報交換出来る場としてご活用いただければ有り難いと思います。

 関西大学では国際化、情報化、開かれた大学を教学の基本方針に掲げ、永田眞三郎学長を頭として、21世紀の第一歩を力強く踏み出しておられます。我らが母校関西大学は「長き歴史、重き使命、高き権威」を誇りとしてたゆまない前進を続け発展していくものと確信しております。

 機友諸兄、我ら機友の理想の旗は受け継がれてきております。21世紀を皆様の力の結集により機友の輪を大きく広げ、この機友会が益々発展する事を切に願うものであります。どうか今後ともご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 最後に機友の皆様のご健康とご活躍を心から祈念いたします。

2012年4月

                                 


戻る
Copyright (c)2000-2007 KIYU All rights reserved.